革新のiPhone

初代iPhoneの革新的だったポイントは、タッチパネルを使った操作です。スマートフォンは、その当時まだキーボードやボタンなどが付属されているものが一般的でした。しかし、アップル社ならではのインターフェイスの優秀さによって、タッチパネルでの操作がスマートフォンの代表的なものとなり、一般層にも浸透していったのです。全画面を使用したデザインはこれまでには無かったアプローチであったため、斬新でありながら、最も親和性が高いものとなったのです。

また、通信機能によってアプリをオンラインストアから追加して、アップデートが可能となる機能も支持されました。これは日本ではiモードでも同様の機能がありましたが、ユーザーが最新の利便性を獲得できるという利点や、アプリという新しいマーケットを開拓したという点でも評価がされているポイントです。

iPhoneは画面が大きいことで、動画配信サービスなどの普及にも多大な影響を与えています。このことはテレビなどのメディアに負けないほどの影響力をネットサービスが持つことにも関係をしています。ガラケーと呼ばれるフィーチャーフォンよりもこのような点に強みがあるため、スマートフォンは力を付けていくことになったのです。

Copyright © スマートフォンの歴史とその進化について, All rights reserved.