iPhoneの衝撃

2007年にアップル社から初代iPhoneが発表されたことで、世界中の携帯電話業界は驚きを持って歓迎しました。このiPhoneのプレゼンテーションは、スティーブ・ジョブスのパフォーマンスの中でも代表的なものとして語られます。

このiPhoneはスティーブ・ジョブスのある思想が含まれています。その思想とは、音楽プレーヤーと携帯電話の融合です。もともと、モトローラと共同で開発をした音楽プレーヤー内臓の携帯電話をアップルでは発表していましたが、そこにジョブスは不満を抱えていたのです。そのため、開発中のタブレットコンピュータの技術を携帯電話に使用して、自社で携帯電話を開発することになりました。これがiPhone誕生の秘密です。

iPhoneはスマートフォンの歴史の中でもターニングポイントと数えられるほどに衝撃的なアイテムでした。スティーブ・ジョブスは、携帯電話と音楽プレーヤーの融合を、開発中のタブレットコンピュータ技術と共に結びつけることによって実現したのです。このような柔軟な発想はスティーブ・ジョブスならではのものだと言われることもあり、その熱意は当時のプレゼンテーションから伺うことが出来ます。

Copyright © スマートフォンの歴史とその進化について, All rights reserved.