日本の携帯電話の歴史

1987年、昭和62年に日本ではハンディタイプの携帯電話が発表されました。そこから小型化や高性能化が進んでいった日本の携帯電話は、1999年、平成11年に「iモード」がNTTドコモから発表されました。この「iモード」は携帯電話でEメールの送受信やwebページの閲覧などが出来るサービスです。これは、携帯電話IP接続サービスで世界初のものでした。

世界初の携帯電話IPサービスである「iモード」が登場したため、日本ではスマートフォンが登場してからも、市場にはあまり浸透しませんでした。2004年に世界標準のスマートフォンが参入してから、2008年のiPhoneの発売まで、スマートフォンはその名前さえ知られていなかったと言われています。その後NTTドコモが日本独自の機能を備えたスマートフォンを発表します。ここからスマートフォンの普及は爆発的に広まっていったのです。

日本はiモードの登場で、世界とは違う独自の進化を遂げてきた歴史があります。そのため、スマートフォンではない携帯電話はガラパゴス携帯、通称ガラケーと呼ばれています。ガラケーはiPhoneの登場までは日本では主流であり、今でも使用している人もいます。

Copyright © スマートフォンの歴史とその進化について, All rights reserved.