爆発的な普及

スマートフォンの普及はすごい勢いで広まっています。若者の象徴と言われていたのは今はもう昔の話。現在では老若男女問わず、暮らしを便利にするツールとして活用されています。電車の中などでは、スマートフォンを操作している人が大半を占めているということも少なくありません。

このような事柄から分かるように、日本の携帯電話市場は、携帯電話全体のうちの80%近くを占めているのがスマートフォンだと言われています。日本の携帯電話市場において、その日本独特の進化を遂げてきた携帯電話であるガラパゴス携帯、通称ガラケーよりも4倍以上のシェアを占めるようになってきたのです。その便利な機能とタッチパネルという新しいインターフェイスを搭載したスマートフォンは、戦後日本の三種の神器と呼ばれた洗濯機、冷蔵庫、テレビなどといったように、時代を象徴する電化製品として歴史の中でも語り継がれることが予想されます。

日本だけに留まらず、世界中でそのシェアを広げるスマートフォン。日本の携帯市場の主流であったガラケーを抜き去り、今ではそのシェアを確実なものとしています。スマートフォンの登場により、人類の生活は変わったといっても過言ではないでしょう。

Copyright © スマートフォンの歴史とその進化について, All rights reserved.